私は、高校生から大学生にかけてパチンコにはまりました。

パチンコの始めはよくきくように、面白いように勝ちました。こんなに簡単にもうかるものかと思ったくらいです。大学時代、仲間とパチンコ三昧の大学生活でした。

当時は友人間の間でのお金の貸し借りでした。当時、4号機の全盛期だったので、一回の勝ち額が20万以上なんてことはざらでした。一番勝っていたときに友人に60万近く貸していたくらいです。

今でこそ結婚し、子供もいて健全な主婦をしていますが、独身時代はとんでもないギャンブラーでした。

ギャンブルは主にパチンコとスロットです。ハマった理由はパチンコ屋で働いていたことがきっかけ。

のちに身体を壊し、事務の仕事に転職しましたが、ギャンブルはやめられず。それでもなんとかもらった給料の中から生きていけるような金額だけ残して打ってました。最初のうちは。ギャンブルは怖い。多分依存症だったと思います。

現在、妻と子供二人の4人家族です。以前までは福岡県に住んでいたのですが、ある事情で地元の沖縄に戻ることになりました。

当初は地元に戻れるということもあり、そこまで不安な気持ちも無く、引っ越し作業を行い、無事に家族全員で引っ越しを終えることが出来ました。

それが、我が家の家計を火の車にしてしまうことになるとも知らずに。引っ越しした後から、家計がマイナスになっている兆候はあったのですが、引っ越しした時に家具を買い替えたりしたせいだと軽く考えていました。