当時は大学生でした。アルバイトをしながら大好きなパチンコやパチスロを休みの日には毎日行っている程です。

当然、大当たりが運良く続けば美味しいのですが毎回そうなるとは限らないのが博打ですよね。

まったく当たりを引けない月があって、負けても楽しいと思えるパチンコやパチスロがあって、大負けを繰り返したけどまだやりたい。

あれは私が20代前半だった頃のことです。付き合って3年になるバンドマンの彼氏のアパートでアクシデントがあり、急きょ転居するためお金が必要になりました。

愚かな私は彼にいい顔をして自分の口座から引き出すように見せかけて、恐る恐る武富士で借金していました。

必要金額は35万円。社会経験も浅く若年だったので、まさか全額貸して頂けるとは思いませんでしたが、どうしても急いでいると事情を説明したところ、一度10万円ほど借りて、それを月末に返せば、増額して差し上げる...と提案してくるではありませんか!